HOME 製品情報 会社案内 サポート お問合せ

HOME > サポート  >FAQ/  FLASH BUSTER

サポート

BrightonNET-Webshop
Pick Up! B-AUDIO MAGIC SPEAKER

FLASH BUSTER


!!注意!!

Windows98/98SE/2000からWindowsME/ XPへアップグレードを行う際、必ずドライバーを削除してください。インストールしたままアップグレードを行うとカードリーダーが使用不可になり、ドライバ削除も出来なくなってしまいます。

Q1. FLASH BUSTERを繋いだけど、どうすればいいの?

A1-1. 対象OS Win98/98SE/2000
ドライバインストール後、FLASH BUSTERをUSBへ接続するとハードウェアの自動認識が始まり、最終的には「リムーバブルディスク」ドライブが4つ追加されます。マイコンピュータを開くとアイコン異なる4つの「リムーバブルディスク」ドライブがあります。このドライブがFLASH BUSTERのそれぞれのメディアスロットに対応していますので、お使いのメディアをスロットに差し込めば対応したドライブを開く事ができ、ファイルの読み込み、書き込みが可能になります。

A1-2. 対象OS WinMe/XP
FLASH BUSTERをUSBへ接続するとハードウェアの自動認識が始まり、最終的には「リムーバブルディスク」ドライブが4つ追加されます。マイコンピュータを開くと「リムーバブルディスク」ドライブが4つあります。このドライブがFLASH BUSTERのそれぞれのメディアスロットに対応していますので、お使いのメディアをスロットに差し込めば対応したドライブを開く事ができ、ファイルの読み込み、書き込みが可能になります。なお、「リムーバブルディスク」ドライブは若いドライブ順に「CF/MicroDrive」、「SM」、「SD/MMC」、「MS」の順番で追加されます。

A1-3. 対象OS MacOS8.6〜9.x
ドライバインストール後、FLASH BUSTERをUSBへ接続し、お使いのメディアをスロットに差し込めばデスクトップ上にアイコンが表示されます。このアイコンからファイルの読み込み、書き込みが可能になります。

A1-4. 対象OS MacOS10
FLASH BUSTERをUSBへ接続し、お使いのメディアをスロットに差し込めばデスクトップ上にアイコンが表示されます。このアイコンからファイルの読み込み、書き込みが可能になります。

Q2. FLASH BUSTERが認識できない

A2-1. 対象OS 全OS
FLASH BUTERはHUBを経由してUSBへ繋いでいると、希に認識出来ない事があります。HUBを介さず直接USBへ差してください。

A2-2. 対象OS Win98/98SE/2000
ドライバがインストールされていない。
添付CDのドライバインストーラーを、すでにドライバがインストールされているPCで起動するとドライバの削除を行います。インストールされている場合タスクバーに「SPGT5602」アイコン(バージョン情報-USBカードリーダー バージョン:v1.0)が表示されます。

A2-3. 対象OS Win98/98SE/
添付CDからドライバインストールを行う前にFLASH BUSTERをUSBへ接続すると、不明なデバイスとして認識されてしまい、その後ドライバインストールを行っても認識出来なくなってしまいます。その場合、以下の手順で認識させる事が出来ます。
  1.USBへFLASH BUSTERを接続する。
  2.コントロールパネル→システムをダブルクリック→システムのプロパティ→デバイスマネージャを選択
  3.その他のデバイスにある「6-in-1」を削除
  4.USBからFLASH BUSTERを抜き、本体を再起動。
  5.ドライバインストール後、USBへFLASH BUSTERを接続。

A2-4. 対象OS Win2000
認識できないWin2000マシンにマイクロソフトWin2000用サービスパック(SP3)のインストールを行ったら認識できるようになったとの報告がありました。WindowsUpdateでSP3をインストールしてください。

Q3. ドライバの再インストールはどうすればいいの?

A3-1. 対象OS Win98/98SE/2000
添付CDのドライバインストーラーは、すでにドライバがインストールされているPCで起動するとドライバの削除を行います。その後、インストーラーを起動して再インストールを実行します。インストールが完了するとタスクバーに「SPGT5602」アイコン(バージョン情報-USBカードリーダー バージョン:v1.0)が表示されます。

A3-2. 対象OS MacOS8.6〜9.x
MacOS8.6〜9.xにドライバの再インストールを行おうとしても通常はインストールが出来ません。(インストールされているとのポップアップが出て先に進めない)
以下のファイルを削除することでインストールが可能になります。
Macintosh HD > システムフォルダ > 機能拡張 フォルダ内の「SPGT12765602MSDC」ファイル、「SPGT12765602MSDCShim」ファイル、「12765602」フォルダ
(注)機能拡張フォルダにはシステムに必要なファイルがあるので削除時は十分注意をして下さい!



 

↑ このページのTOPへ