HOME 製品情報 会社案内 サポート お問合せ

HOME > 製品情報 > iPod関連 > iPod車載 / iPod&携帯用コンパクト車載ホルダー / BI-CHOLDER

製品情報

- iPod関連

- デジタルオーディオ関連

spacer
spacer

- 携帯電話・
 スマートフォン関連製品

spacer
spacer

- イヤホン

spacer
spacer

- ACアダプター

- ネットワーク関連

- 車載LED関連製品

- その他

- お取扱い店舗一覧

- 取り付け店舗一覧

BrightonNET-Webshopspacer
薄型テレビ用保護パネル spacer
 
iPod

商品名
Compact Car Holder(BI-CHOLDER)

型番
BI-CHOLDER

JAN
4528888007363

BI-CHOLDER

この商品をオンラインショップで買う

自由に調節可能で、様々な製品に対応!
本製品はiPodや携帯電話用超コンパクト車載用ホルダーです。
ホルダーサイズは最小時、H50xW56xD37(mm)、重量24gとコンパクトな作りとなっています。
ワンプッシュリリース機能でしっかりと固定でき、ホルダー幅は細かく調節出来る為、あらゆる携帯機器に対応可能です。(対応製品幅W38〜65mm)シリコンジャケットや革ケースなどを装着したままでも対応可能です。
本体右側には、ケーブルホルダーも付いているので、イヤホン等を掛けることができ、大変便利です。

また、アームパッドにはスポンジ素材を使用している為、お手持ちの携帯機器を傷つける事無く安心してお使い頂けます。
取り付けパーツとして、エアコンのフィンに取り付けるエアダクトタイプ、曲面に取り付ける可能な曲面タイプの2つを付属しました。
気分や状況に応じて設置場所を変えることが出来るので、用途が2倍3倍に広がること間違いありません。
何かと便利な車載ホルダーを是非お車でお試しください。

【特徴】
◆シリコンジャケットや革ケースなどを装着したままご使用可能です。
◆アームパッドにスポンジ素材を使用しているため、iPodを傷つけません。
◆設置面に対して角度や方向を自由に調整できます。
◆iPod以外に携帯電話などのスタンドとしてもご使用になれます。
◆ケーブルホルダー付。

*iPod本体、携帯電話は付属しておりません。


【使用方法】
1.本体の右側にある固定解除ボタンを押しアームを広げます。
2.スタンドに取り付けたい機器を本体に当て、アームを手で挟めてください。
3.取り外す際は本体右側にある固定解除ボタンを押し、固定アームを解除してお取りください。
*曲面対応パーツをご使用の際は、角度を決めて、取付パーツのネジを締めてください。
設置面の表面の汚れを拭き取ってから設置してください。

【エアコン用パーツについて】
・ルーバーの奥行きが24mm以上の車種では使用できません
・横フィン同士の間隔は6mm以上、縦フィン同士の間隔は8mm以上必要です。
・横フィンの厚みが3mm以上の車種では使用できません。
・丸ルーバーには対応しておりません。
・スペーサーがダッシュボードにあたる位置に取り付けてください。
・本体が水平になるようスペーサーで調節してください。
・無理な力でフィンを破損しないようご注意ください。

【取付方法】
下記参照。取付パーツの2種は用途に応じてご使用ください。


取り付け方法

対応 iPod全機種(1st/2nd iPod shuffle除く)
製品寸法W38〜65(mm)の製品
サイズ 最小H50xW56xD37(mm)
最大H50xW80.7xD37(mm)
重量 24g
取付パーツ エアダクト用、ダッシュボード用(曲面対応タイプ)
保証 初期不良のみ
その他 ※耐荷重量は300gまで(本体含)
対応機種 iPod ※ iPod mini iPod photo 1st
iPod shuffle
2nd
iPod shuffle
1st
iPod nano
2nd
iPod nano
× ×

◎は第5世代含むiPod全世代対応。○はiPod第3・4・5世代対応。△はiPod第3・4世代対応。▲はiPod第5世代・iPod color displayに対応。

対応機種一覧
販売価格 オープン価格 保証期間 初期不良のみ 発売日 2007/08/03

使用上の注意点
  • 固定解除ボタンは真ん中を押してください。
  • 取付パーツは一度剥がすと粘着力が弱まります。
  • 車のダッシュボード等に貼付の際は接着面の表面の汚れをよくふき取ってください。
  • 直射日光の当たる場所に放置しないでください。
  • 直射日光のあたる場所に駐車する時はオーディオプレーヤーを取り外してください。
    (ダッシュボードの上は高温になりますのでご注意ください)
  • エアバッグ作動個所に取り付けないでください。
  • パッケージの開封時や開封後の開口部には充分注意してください。(手、指を触れないようにしてください。)
 

 

↑ このページのTOPへ